スポンサードリンク


『英文標準問題精講』を極めよう! 初期10日間 解説 #13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Democracy is the highest form of political government, but on the cultural side it is exposed to grave weaknesses. Call the masses into power, and automatically you will find the national culture molded by their interests and tastes. They will expect, and plenty of people will be ready to supply, the kind of music and art and radio and films and reading which is to their taste, and there is at least a risk that standards will quickly decline to the second- and third-rate.

構造分析

①[Democracy] is [the highest form of political government], / but (on the cultural side) it is exposed / (to grave weaknesses). ②Call [the masses] / (into power), / and (automatically) / you will find [the national culture] [molded by their interests and tastes]. ③They will expect, (and plenty of people will be ready to supply), the kind of music and art and radio and films and reading which is to their taste, and there is at least a risk that standards will quickly decline to the second- and third-rate.

解説

①[Democracy] is [the highest form of political government], / but / (on the cultural side) / it is exposed / (to grave weaknesses).

等位接続詞butで逆接に2つの文が繋げられている重文(Compound Sentence)です。最初の文は、第2文型(SVC)、後の文も、第2文型です。

副詞句は、「前置詞+名詞句」の形がほとんどなので、句は前置詞の前でスラッシュ( / )を入れて区切っていきましょう。ofはその例外で、基本的にはofの前後が名詞になり、of句は、「形容詞句」になり、前の名詞を後置修飾します。全体で、一つの名詞句とみなしたほうが、シンプルに見えるかもしれません。

②Call [the masses] / (into power), / and (automatically) / you will find [the national culture] [molded by their interests and tastes].

この文は、「命令文 + , + and/or S V 〜」の形で、「〜しろ、そうすれば/さもなければ、〜」という訳になると学校などで学習するかもしれません。自然な訳なのでこのまま当てはめても良いと思いますが、この形が見えるようになる練習は必要です。文法問題としても頻出です。

後半部分の構造分析は、一見すると、次のように第3文型と第5文型のどちらにでも解釈できそうです。

第3文型の場合: you will find [the national culture (molded by their interests and tastes)]. (molded 〜は、分詞句の後置修飾)

第5文型の場合: you will find [the national culture] [molded by their interests and tastes]. (molded 〜は、補語の形容詞句)

現在分詞も過去分詞も、分詞=形容詞なので、文法的にも、どちらも間違ってはなさそうですが、この場合は、文型によって文の意味が大きくかわってきます。

第3文型の方の形容詞句は、文型の要素にはならないので、省略すると、次のようになります。

⇛ you will find [the national culture].

一方で、第5文型の方は、by からが副詞句になっているので、これを省略しシンプルにします。

 ⇛ you will find [the national culture] [molded].

この2つの違いは、”何を” findするのか、という違いに他なりません。第3文型の方では、「国家的な文化」自体をfindする(見つける、発見する)という意味になり、第5文型の方では、「国家的な文化が、形作られている」ということをfindする(が分かる、に気づく)という意味になります。

あとは、文脈からどちらの意味が適切かを常識的に判断するしかありません。ここでの「常識」は、democracy, political government, masses, their interests and tastes などの本文の語句から推測するのが賢明な判断になります。

民主主義では、人々の趣味嗜好が文化を形作り、国家を形成するという意味が自然なので、第5文型の解釈が妥当であることがわかります。

③They will expect, (and plenty of people will be ready / (to supply)), [the kind of [music] and [art] and [radio] and [films] and [reading]] (which is to their taste), and there is (at least) a risk (that standards will quickly decline to the second- and third-rate).

まず、カンマからカンマまでの部分は、等位接続詞andはありますが、expectが第3文型(SVO)になる動詞で目的語をとることを考えると、挿入句と解釈し、( )でくくります。expectの目的語は、the kind of 〜になります。

関係代名詞節 which is to their tasteの先行詞も、the kind of 〜の名詞句になります。この関係代名詞節は、主語(S)がない不完全文(incomplete sentence)になっていることを確認しましょう。

最後のandは等位接続詞で、They will expect 〜とthere is at least 〜の2文を並列させています。

最後の文のthat節は、「同格のthat」でa riskにかかります。前回の記事でも解説しましたが、「同格のthat」のthat節は、完全文(complete sentence)になっていることをしっかりと確認し、「同格のthat」であると判断しましょう。

次の単語は、多くの接頭辞をとれる語幹を持つ単語です。辞書で、「語源」や「原義」、「接頭辞」などを確認してみると、様々な単語の意味を推測する手掛かりを得ることができます。

expose = ex-pose ⇛ exposition, impose, propose, pose, position, etc.

decline = de-cline ⇛ incline, recline, climax, client, clinic, etc.

 

secont-rate, third-rate は、それぞれ、二流、三流の、という意味。 rating = 「評価」。

supply ⇔ demand(needs)

 

直訳

民主主義は、政治的な行政の、最も高い形式である、しかし、文化的側面においては、それは重大な弱さに対して、晒される。 力の中に群衆を呼べ、そうすれば、自動的に、あなたは彼らの興味や好みによって形作られた国家的な文化を見つけるだろう。彼らは、そして多くの人々は供給する準備ができているだろうが、彼らの好みに対して存在するような、様々な種類の音楽や芸術やラジオや映画や読書を、期待するだろう。そして少なくとも、標準はすぐに2番手や3番手へと衰退するであろう危険がある。

 

意訳

民主主義は政治的行政の洗練された形態であるが、文化的側面においては、重大な弱さを露呈する。群衆の中に力を呼び込め!そうすれば、国の文化というものが、人々の関心や興味によって形作られているということがわかるだろう。人々は、そして提供する準備ができれいるであろう多くの人々は、彼らの興味に対する様々な音楽、芸術、ラジオ、映画、書物などを期待するだろう。そして、少なくとも、標準と呼ばれるものは、いずれ二流・三流のものへと衰退していくリクスをはらんでいる。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

スポンサードリンク