スポンサードリンク


『英文標準問題精講』を極めよう! 初期10日間 解説 #25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

The principal reason why he was always being asked to umpire a game ― aside from the fact that he never expected to be paid for his services, saying that he liked to umpire for the good of the game ― was that he never failed to try to please both teams.  If one side did not like one of his decisions, he would stop the game then and there and let the players on both sides swear at him as much as they pleased and call him the worst names they would think of until they were tired of arguing and wanted to get back to playing ball.

構造分析

①[The principal reason why he was always being asked to umpire a game] ― (aside from the fact [that he never expected to be paid for his services), (saying that he liked to umpire for the good of the game)) ― was [that he never failed to try to please both teams].  ②(If one side did not like one of his decisions), he would stop [the game] (then and there) and let [the players on both sides] [swear at him] (as much as they pleased) / and call [him] [the worst names they would think of] / (until they were tired of arguing and wanted to get back to playing ball)].

解説

①[The principal reason why he was always being asked to umpire a game] ― (aside from the fact [that he never expected to be paid for his services], (saying that he liked to umpire for the good of the game)) ― was [that he never failed to try to please both teams].

まずは、大きく構造を見てから細かいところに目を向けるという順序でみていきます。とりあえず、ハイフンからハイフンまでを挿入句扱いして、挿入句を取り除くと、次のようになります。

 [The principal reason why he was always being asked to umpire a game] was [that he never failed to try to please both teams].

wasが述語動詞(V)、that節が補語(C)になっている第2文型(SVC)の文です。whyからは関係副詞節なので、why節は完全文(Complete Sentence)になっています。

 

挿入句部分は、aside from ~の副詞句と、saying that he ~の分詞構文の2つの要素があります。分詞構文の接続詞と主語が省略されているということは、接続詞は文脈から、主語は主節から明らかであるという意味なので、省略せずに書き表すとthat節は次のようになります。

 he never expected to be paid for his services since he said that he liked to umpire for the good of the game.

接続詞になぜsinceを選ぶかという理由は、内容と文脈から判断するしかありません。副詞節を作る場合の接続詞としてのsinceは、asやbecauseと意味が似ていますが、当然細かいニュアンスは異なります。

since, as, becauseの使い分けについても、番外編2で解説したいと思います。

 

aside from~は、「~(という事実)から横へ移動すれば」  「~(という事実)は別として」という意味です。

 

the good = good people

 

②(If one side did not like one of his decisions), he would stop [the game] (then and there) and let [the players on both sides] [swear at him] (as much as they pleased) and [call [him] [the worst names they would think of]] / (until they were tired of arguing and wanted to get back to playing ball)].

動詞の原形が複数あり、文の構造が複雑です。callが最も解釈を混乱させる要因となる動詞ですが、callの目的語がhimなので、これがumpireのことであるいうことが、callの主語を見つけるヒントになります。登場人物は、umpireとplayersしかいないので、callの主語はplayersになります。しかし、直前のtheyだとpleasedと時制が合わないので、もう少し遡ると、the players on both sidesと、let ~ swearと第5文型(SVOC)があるので、callは、swearと並列されている動詞の原形だということが解ります。

この文の主節のみを抜き出し、等位接続詞の部分で大きく分解すると、次のようになります。

 he would stop the game.(第3文型)

 (he) let [the players on both sides] [swear at him].(第5文型)

 (he) let [the players on both sides] [call him the worst names they would think of].(第5文型)

stopとletが並列されているのと、letの文の中でswearとcallが並列されているものが、一つの文の中にあります。callもhim(O)とthe worst names they would think of(C)で第5文型(SVOC)をとることに注意しましょう。

 

また、the worst names they would think ofは、関係代名詞that(which)の省略です。関係副詞の文法です。省略なしの文は次のようになります。

 the worst name which they would think of.

 the worst name of which they would think.

ofが文末にあり、thinkが自動詞(第1文型(SV))なので、関係詞節が完全文(Complete Sentence)であることに注意しましょう。

 

then and there「その場で、直ちに」 

 

直訳

彼がいつも試合を審判するようにと頼まれている主な理由は、彼が善良な人たちの試合のために審判をすることが好きだったということを言ったので、彼が彼の提供のために決して支払われることは期待していないという事実を置いておけば、彼は決して、両方のチームを喜ばせようとすることを失敗しないからである。もし、一つの側が、彼の決定の一つを気に入らなかったならば、彼はその場ですぐにその試合を止め、選手たちが論争に飽き、試合に戻りたくなるまでずっと、両者の選手たちに、彼らが好きな限り彼を罵らせ、彼らが彼を、思いつくであろう最低の名前で呼ばせるだろう。

 

意訳

彼がいつも試合の審判を頼まれる主な理由は、そもそも善良な選手たちの審判をすることが好きであったから決して報酬を支払われることを期待してはいないという事実は別として、彼は必ず、両方のチームを喜ばせるからである。もし、一方が彼のある決定を気に入らなかったならば、すぐに試合を止め、選手たちがその議論に飽き、試合に戻ろうとするまでずっと、両者の選手たちにすきなだけ、彼を罵らせ、最低の名前で呼ばせるであろう。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

スポンサードリンク