スポンサードリンク


『英文標準問題精講』を極めよう! 初期10日間 解説 #29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

The people I admire most are those who are sensitive and want to create something or discover something, and do not see life in terms of power, and such people get more of a chance under a democracy than elsewhere.  They found religious, great or small, or they produce literature and art, or they do disinterested scientific research, or they may be what is called “ordinary people,” who are creative in their private lives, bring up their children decently, for instance, or help their neighbors.

構造分析

①[The people (I admire (most))] are [those who are sensitive and want to create something or discover something, and do not see life in terms of power], and [such people] get [more of a chance] / (under a democracy (than elsewhere)).  ②They found religious, (great or small), or they produce literature and art, / or they do disinterested scientific research, / or they may be what is called “ordinary people,” / (who are creative in their private lives), / bring up their children decently, (for instance), / or help their neighbors.

解説

①[The people (I admire (most))] are [those who are sensitive and want to create something or discover something, and do not see life in terms of power], and [such people] get [more of a chance] / (under a democracy (than elsewhere)).

①の文も、②の文も、合計10個の等位接続詞が使われ、文の構造が見えづらくなっています。等位接続詞は、同じ品詞や要素を並列させるものなので、等位接続詞の直後の単語を確認すれば、大抵の場合は見分けることができます。

 

1つ目のandは、those who~の関係代名詞節内の動詞を並列しています。そう判断できる理由は、andが置かれている直後の要素が並列されている最後の要素になるためです。また、orもあることで、並列の2つ目の要素がorでさらに並列されていることからも、この3つの要素が並列されていると判断できます。

等位接続詞による並列は、基本的に、「A, B, C, and D」のように、最後に並列される要素の前に、andが置かれます。2つ目のandも動詞を並列していますが、これもまた、並列の最後の要素になっているので、[the people (I admire most)]という主語の動詞areと並列されています。

そして、3つ目のandは、直後が、such people get ~と、節になっているので、これは、文と文の並列であり、重文(Compound Sentence)になっていることがわかります。そして、最初の文には関係代名詞節があるので、複文(Complex Sentence)になっています。

 ①の文: 重文 = 複文, and 単文

複文 = The people I admire most are those who are sensitive and want to create something or discover something, and do not see life in terms of power

単文 = such people get more of a chance under a democracy than elsewhere

 

in terms of ~は、「~の観点から」という意味の表現です。termは、「限界を定める枠」というのが原義なので、時間について使われれば「期間」、言葉について使われれば「専門用語」などの意味になります。

「専門用語」: a technical term, terminology

 

②They found religious, (great or small), or they produce literature and art, or they do disinterested scientific research, or they may be what is called “ordinary people,” / who are creative in their private lives, bring up their children decently, (for instance), or help their neighbors. 

great or small(「大きい(偉大な)ものであれ、小さな(卑小な)ものであれ」)は、挿入句なので省いて考えましょう。そうすると、等位接続詞orで、4つの文が並列されています。また、”ordinary people”を解説している最後の関係代名詞節内では、動詞are, bring, helpが並列されていることに注意しましょう。

 

動詞の原形が文中にある場合は、それぞれ、適切に意味づけされなければなりません。可能性としては、動詞の原形または述語動詞の並列の場合と、原形不定詞の場合があります。三単現のsがついている場合には、必ず述語動詞になっているので、三人称単数の主語を探すことで構造が見えてきます。

 

ordinary peopleは、「普通に暮らしている人々」→「一般庶民」という意味です。  「一般人」は、general people, people in general。 

 

 

直訳 

私が最も尊敬する人々は、繊細で何かを創造したり、何かを発見したりする人であり、人生を力の観点から見ない人である。そして、このような人々は、他のどこよりも、民主主義の元で、機会のより多くを得る。彼らは、偉大であれ卑小であれ、信心深く、彼らは文学や芸術を生産したり、彼らは科学的調査にまったく興味がなかったりする。また、彼らは、”ordinary people”と呼ばるかもしれない。彼らは、彼らの私生活の中で創造的であり、きちんと彼らの子どもたちを育てたり、例えば、彼らの隣人を助けたりするような人々である。

 

意訳 

私が最も尊敬する人々は、繊細な人で、何かを創りあげたり発見したりする人であり、人生を力だとは思わないない人である。そして、このような人々は、他のどんな場所よりも民主主義の下でより多くの機会を得る。彼らは、貴賤を問わず、信心深く、文学や芸術を生産したり、科学的調査にまったく興味がなかったりする。一方で、彼らは、”普通の人々”と呼ばれるだろう。彼らは、それぞれの私生活の中で想像的であり、きちんと彼らの子どもたちを育てたり、例えば、彼らの隣人を助けたりするような人々である。

 

 

「準備編」でも書きましたが、基本的にある言語を別の言語に訳すことは、「便宜的に置き換えている」に過ぎません。普段使っている日本語の中にも、その多くがヨーロッパの新しい概念を日本に取り入れたときに当てられた言葉です。夏目漱石や森鴎外など明治時代の作家たちが生みだしてきた多くの「和製漢語」と呼ばれるものです。

文章中に出てくる造語や引用文は、場合によって翻訳することが不適当な場合もあるので、注意が必要です。その文の文脈や分野、背景などに応じて、翻訳可能な場合以外は、元のテキストを尊重する方が良い場合もあります。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

スポンサードリンク