スポンサードリンク


『英文標準問題精講』を極めよう! 初期10日間 解説 #38

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

There were always several parties given round Ballingar at Christmas time, but of late years she had not been invited to any, partly because many of their neighbors had never spoken to her, partly because they did not think she would want to come, and partly because they would not have known what to do with her if she had.  As a matter of fact she loved parties.  She liked sitting down to supper in a noisy room, she liked dance music and gossip about which of the girls was pretty and who was in love with her.

構造分析

①(There) were (always) [several parties given / (round Ballingar) / (at Christmas time)], but (of late years) she had not been [invited] / (to any), ((partly) because [many of their neighbors] had never [spoken] / (to her)), ((partly) because they did not think [she would want to come]), and ((partly) because they would not have known [what to do] / (with her) / (if she had)).  ②(As a matter of fact) / she loved parties.  ③She liked [sitting down / (to supper) / (in a noisy room)], she liked dance music and gossip / (about which of the girls was pretty and who was in love with her).

解説

①(There) were (always) [several parties given / (round Ballingar) / (at Christmas time)], but (of late years) she had not been [invited] / (to any), ((partly) because [many of their neighbors] had never [spoken] / (to her)), ((partly) because they did not think [she would want to come]), and ((partly) because they would not have known [what to do] / (with her) / (if she had)).

この文は、等位接続詞butで大きく2つの文に分かれます。

there is/areの文は、副詞thereが文頭に置かれ、主語(S)と動詞(V)が倒置されている第1文型の文なので、「存在」を表します。round(= around)は、形容詞、名詞、動詞、副詞、前置詞と、様々な品詞として使われますが、この場合は、前置詞になります。

 

of late yearsは「副詞句」です。「of + 時」で、「~に(~という時に)」という表現になります。

ex) He goes to the restaurant of an evening.

 

toは「方向」を表す言葉なので、どこに向かってinviteされたかを考えると、to anyは、to any partyが省略されたものであることが解ります。そして、彼女が招待されなかった理由が、becauseからの副詞節で、3つ挙げられています。partlyは、部分的という意味なので、複数ある理由の一つとして、というニュアンスになります。

 

最後のif she hadは、主節に完了形を作る助動詞haveがあるので、hadも完了になり、「仮定法過去完了」になっています。hadの後ろに省略されている過去分詞は、文脈からから推測するしかありません。ここでは、comeが省略されています。

 

②(As a matter of fact) / she loved parties.

as a matter of factは、直訳すれば、「実際の問題として」なので、成句として憶えるまでもない熟語的な表現です。文体によっては、in factなどとも書き換えることができそうです。

 

③She liked [sitting down / (to supper) / (in a noisy room)], she liked dance music and gossip / (about which of the girls was pretty and who was in love with her).

supperは、「夕食」という意味の言葉です。dinnerは通常、「正餐」という意味で、1日の中で最も盛大に行われる食事の時間で、友人などを招待するようなもののことを指します。これが夕食に行われれば、夕食(supper)=dinnerになり、昼に行われれば、昼食(lunch)=dinnerになります。

 

Leonard Da Vinci(レオナルド・ダ・ヴィンチ)の『最後の晩餐』という作品の洋題は「The Last Supper(イタリア語:L’ultima Cena)」です。

 

be in love (with 人):恋をする、惚れる

fall in love (with 人):恋に落ちる

go steady:付き合う

 

 

直訳 

クリスマスの時期になると、Ballingar辺りではいつも、様々なパーティーが開かれる。しかし近年では、彼女はずっとどれにも招待されてこなかった。ある理由では、多くの彼らの隣人は一度も彼女と話したことがなかったし、ある理由では、彼らは彼女が来たいだろうと思わなかったし、ある理由では、もし彼女が来ても、彼らは、何をすればいいのかわからなかっただろう。実際問題として、彼女はパーティーを愛していた。彼女は騒がしい部屋の中で座って夕食をとることが好きだったし、彼女は、ダンスミュージックと、どの女の子たちが可愛くて、その子たちが誰と付き合っているのかということについての噂が好きだった。

 

意訳 

クリスマスの時期になると、Ballingarあたりではいつも、様々なパーティーが開かれる。しかし近年では、彼女はどのパーティーにも招待されてはいなかった。それは、近所の人たちは一度も彼女と話したことがなかったからであり、彼女がパーティーに来たいとも思っていなかったし、たとえ彼女が来たとしても、彼女と何をすればいいのかわからなかったからだ。実のところ、彼女はパーティーが好きだった。彼女は、騒がしい部屋の中に座って夕食をとることが好きだったし、ダンスミュージックと、かわいい女の子たちの噂や恋愛ゴシップが好きだった。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク