スポンサードリンク


『英文標準問題精講』を極めよう! 初期10日間 解説 #40

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

The end of study is not to possess knowledge as a man possesses the coins in his purse, but to make knowledge a part of ourselves, that is, to turn knowledge into thought, as the food we eat is turned into the life-giving and nerve-nourishing blood.

構造分析

①[The end of study] is (not) [to possess knowledge] / (as a man possesses the coins in his purse), but [to make [knowledge] [a part of ourselves]], (that is), [to turn knowledge / (into thought)], / (as the food (we eat) is turned / (into the life-giving and nerve-nourishing blood)).

解説

①[The end of study] is (not) [to possess knowledge / (as a man possesses the coins in his purse)], but [to make [knowledge] [a part of ourselves]], (that is), [to turn knowledge / (into thought), / (as the food (we eat) is turned / (into the life-giving and nerve-nourishing blood))].

as節が副詞節の複文(Complex Sentence)です。主節は第2文型(SVC)で、補語となる名詞的用法のto不定詞句と副詞節であるas節が、not A but Bの形になっています。but以降では、to不定詞句がthat isという挿入句により、言い換えられていることに注意しましょう。

not to possess knowledge as a man possesses the coins in his purse

このas節は、比喩表現になっています。asが「同格」であるので、to possess knowledge = a man possesses the coins in his purseという関係性になります。

but to make knowledge a part of ourselves

= to turn knowledge into thought as the food we eat is turned into the life-giving and nerve-nourishing blood

that isという挿入句は、「つまりは、それは」という言い換えを強調するための表現です。後半も比喩表現になっていて、何かに喩えることで、読者にイメージの共有を促しているような表現です。

makeが第5文型(SVOC)を作る「使役動詞」であることに注意しましょう。life-givingやnerve-nourishingなどは、造語の形容詞です。ハイフン(-)でつなぎ、自分で勝手に形容詞を作り上げるような表現は、会話などでもよく使われます。

直訳 

学問(研究)の終わりは、人が財布の中にコインを所有しているのと同様に、知識を所有することではなく、知識を私たち自身の一部とし、それは、知識を思想に変えることである。私たちが食べたものが、命を与え、神経に栄養を与える血となるように。

意訳 

同上。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

スポンサードリンク