スポンサードリンク


『英文標準問題精講』を極めよう! 初期10日間 解説 #47

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

The European Traveller in America ― at least if I may judge by myself ― is struck by two peculiarities: first the extreme similarity of outlook in all parts of the United States, and secondly the passionate desire of each locality to prove that it is peculiar and different from every other.  The second of these is, of course, caused by the first.  Every place wishes to have a reason for local pride, and therefore cherishes whatever is distinctive in the way of geography or history or tradition.  The greater the uniformity that in fact exists, the more eager becomes the search for differences that may mitigate it.

構造分析

①[The European Traveller / (in America)] (― (at least) if I may judge / (by myself) ―) is [struck] / (by two peculiarities): ②[(first) the extreme similarity of outlook / (in all parts of the United States)], and [(secondly) the passionate desire of each locality / (to prove that it is peculiar and different / (from every other))].  ③[The second of these] is, (of course), [caused] / (by the first).  ④[Every place] wishes [to have [a reason] / (for local pride)], and (therefore) cherishes [whatever is distinctive / (in the way of geography or history or tradition)].  ⑤[The greater] [the uniformity that (in fact) exists], [the more eager] becomes [the search / (for differences (that may mitigate it))].

解説

①[The European Traveller / (in America)] (― (at least) if I may judge / (by myself) ―) is [struck] / (by two peculiarities):

strikeという言葉は、多義語です。「強く打つ」という元の意味を文脈に応じで読み分けていくとよいでしょう。この場合は、two peculiaritiesがstrikeしたので、「印象づける、感銘を与える、感心させる」などの訳が適当です。

 

文末のコロンの意味は「定義」です。ここでは、two peculiaritiesを一つひとつ定義しています。筆者の意見や見解、筆者が作ったフレーズや表現の意味を定義するときなどにコロンが使われます。

 

②[(first) the extreme similarity of outlook / (in all parts of the United States)], and [(secondly) the passionate desire of each locality / (to prove that it is peculiar and different / (from every other))].

物事を順番に列挙する場合には、first, second, third, fourth…のように、これらの名詞を副詞扱いして文頭に置きます。firstly, secondly, thirdly…のように書くこともできますが、fourthly, fifthlyなどのような言葉はないため、first, second…と書いていくほうが、シンプルになります。

secondly: 「二つ目に、第二に」

secondary: 「二次的な」

in the first place, in the second place…という副詞句の表現もありますが、形式張った印象を与えます。

 

every other: 「その他すべての」

every otherという表現は、「ひとつおきに」という意味もあります。

 Write in every other line. 「一行おきに書いて下さい」

 

③[The second of these] is, (of course), [caused] / (by the first).

of courseは挿入句です。

 

④[Every place] wishes [to have [a reason] / (for local pride)], and (therefore) cherishes [whatever is distinctive / (in the way of geography or history or tradition)].

thereforeは副詞です。等位接続詞andは、述語動詞(V)であるwishesとcherishesを並列しています。

in the way of ~は「~の点で、~としては」という意味です。wayという言葉は、道路の道の他にも、方法、道理など、物事の筋道という意味で使われる言葉です。

ex) That’s just the way it is.

「それは、それがそうであるというただの道理である」

→「ものごとはそういうものだ、それが現実だ」

 

⑤[The greater] [the uniformity that (in fact) exists], [the more eager] becomes [the search / (for differences (that may mitigate it))].

#45の英文と同様、The 比較級 + S V ~, the 比較級 S V ~.の形です。

 

uniformは、「uni(ひとつの)+ form(形)」という意味の言葉です。スポーツなどのユニフォームは、全員が着る同じデザインの服のことをいいます。uniformityは、「一つの形であること」→「単一性、一様さ、均一性」という意味になります。

 

mitigate: 「~を和らげる、静める、鎮静する」

 

 

直訳 

アメリカのヨーロッパの旅人たちは、少なくとも私が私自身によって判断するのであるが、二つの特質によって感心させられる。ひとつは、アメリカのすべての部分において、見た目の極端な類似と、ふたつに、それぞれ他のものから特異であり異なっているということを証明するためのそれぞれの地域の情熱的な欲求である。これらの二つ目は、もちろん、一つ目によって引き起こされる。あらゆる場所は、地方のプライドのための理由を持つことを願い、そして、それゆえに、地理や歴史や伝統において区別されるものは何でも大切にする。実際に存在する同一性が偉大であればあるほど、ますますそれを緩和するような違いを探したがるようになる。

 

意訳 

アメリカにいるヨーロッパの旅行者は、少なくとも、私自身での判断であるのだが、ある二つの性質によって感心させられる。ひとつは、アメリカのあらゆる場所で、その外見が極端に似ていることであり、ふたつに、それぞれ他のものとは違い、異なっているということを証明するかのように、それぞれの地域が情熱的な願いを持っていることである。あらゆる場所は、地方の誇りのために,ある理由をもっており、それゆえに、地理や歴史や伝統において区別されるものはどんなものでも大切にするのだ。実際に存在するものが均一になればなるほど、ますますそれを和らげるような違いを探したがるようになる。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク