スポンサードリンク


英語の参考書の最難関 『英文標準問題精講』を極めよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

1933年に発売されて以来約80年もの間、高校英語の参考書として、多くの学生に親しまれ、多くの受験生を苦しめてきた原仙作・中原道喜の名著『英文標準問題精講』。

初期・中期・後期と各10日間の3部構成に分かれていて、しっかりとその内容の隅々まで理解すれば、初期10日間の50題とExercise50題だけで、最難関大学の受験対策としても充分な量になっています。

逆に、それだけで対策が充分になってしまうほど難易度が高く、高校生が誰のサポートもなく学習していくのには、難しいかもしれません。おそらく、一般の塾の講師や学生講師、家庭教師では、扱うのが大変な上、学習の成果も見えづらいため、あまり採用されることはありません。優秀な指導者がいることが、この参考書を使い学習していくことの必須条件です。

英語の重要なエッセンスが凝縮されている名文が採用されていて、多くの大学の過去問にも出題されたような文章なので、一つひとつの文章の質が高く、内容も濃いので、普通に読むだけでも楽しめるかもしれません。

受験だけを考えれば、この参考書の初期10日間を学習し終えることができたならば、ライバルはほぼいなくなるでしょう。あとは、ケアレスミスや時間との勝負になってきます。

大学以降も継続して英語を学習していきたい、得意な英語を伸ばしたい、洋書を読んだり翻訳できるようになりたいという方々にとっては、最高の1冊となるでしょう。

『英文標準問題精講』の解説と添削指導

このサイトでは、これから、『英文標準問題精講』に掲載されている英文の英文解釈(構造分析)から、文法事項、直訳から意訳までを、1題ずつ解説していきます。本書では行き届いていない部分や、見落としがちな部分、曖昧にされたままになっている部分も細かく解説していきます。もちろん、サイト上の文字だけの解説では、解釈のプロセスが省略されてしまうこともあるので、質問がある方は、無料で個別に対応させていただきます。

指導内容と指導料一覧

英文解釈の個別指導や添削をご希望の方は、有料で承ります。こちらよりお問い合わせ下さい。

年齢・学年は不問。英語を学びたい社会人の方や講師・教師など指導者の方も歓迎です!

項目

内容

料金

オンライン添削

タイプされた文書(Microsoft Wordやメモ帳など)、手書きの写メなどをメールに添付してお送りいただければ、添削し、返信いたします。

500円/1題

(メールの受信日から3営業日以内に返信)

10,000円/月

個別指導(先着5名限定)

東京都内、最寄りのカフェ等で、英文解釈の指導を行います。文章だけでは伝えられない細かい思考プロセスなどを指導します。

1回のみ(2時間)

¥8,000

(交通費、カフェ料金込み)

週1回2時間(月4回)

¥30,000

(交通費、カフェ料金込み)

その他、学習に関するお悩みやご相談

 英語に限らず、学習のお悩みやご相談、参考書の選び方や進め方など、どんなことでも構いません。

無料!

(内容により有料になる場合もあります。)

 

1回の授業で複数人の指導も可能です。お友達と一緒に受講しても構いません。

その場合は、料金や指導時間・時間帯などのご相談にも応じますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

Table of Contents(随時更新中)

 

続きの解説は、こちらのページにて販売しております。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク