スポンサードリンク


インプット

『成果が出る学習・出ない学習』 第1回 「インプットとアウトプットのバランスを調節する」

『成果が出る学習・出ない学習』 第1回のテーマは、「インプットとアウトプットのバランスを調節する」です。

学習は、学ぶことそれ自体が目的ではありません。学習した成果として、テストがあり、その知識を他の場面で使ったり、学習を通して学んだ知識以外の考え方などを他の活動に応用したりと、様々なアウトプットがあります。

続きを読む

『成果が出る学習・出ない学習』(全5回)

『成果が出る学習・出ない学習』(全5回)

学び方を学べ』の記事では、全10回にわたり、学校では教えてくれない基本的な「学び方」について書いていきました。

学生から社会人まで一生続いていく学習ですが、より効果的な「学び方」を学んだところで、それが「成果」につながらないのであれば、学習に意味や価値を見い出すことができないかもしれません。

ここで言う「成果」とは、単に試験の結果や点数・スコアのことではありません。学んだことが自分の知識やスキルとして身につけ、それを使いこなせることができるということです。しっかりとした学習の「成果」が得られれば、数字の結果は自然に後からついてきますし、実力があれば、後から数字をとるハードルは低くなるでしょう。

学校で英語を6年間勉強しても、多くの日本人は英会話ができるわけではありません。資格をゲットしても、仕事が上手く行くとは限りません。

 

では、学習を成果に結びつけるためには、何が必要なのでしょうか。

 

いまだに多くの人は、「記憶力」に関する頭の良さを求める傾向にありますが、どんなに頑張った所で人は忘れることができます。これは、努力が足りないのではなく、脳の作りがそうなっているからなのです。

これを前提として、どのようにすれば記憶力をコントロールし忘れない知識や実力を身につけるか、どのようにすれば知らないことに対しても考えることができるようになるのか、という学習を成果に変えるために必要なことを、全5回にわたりお伝えしていきます。

 

第1回 インプットとアウトプットのバランスを調節する

第2回 「質と量」ではなく、「質と回数とイメージ」

第3回 パターンに当てはめるのではなく、共通のパターンを見つける

第4回 「一を聞いて十を知る」ことが可能にする思考力

第5回 自分の苦手な所を改善することこそが学ぶことである

スポンサードリンク