スポンサードリンク


成果

『成果が出る学習・出ない学習』 第5回 「自分の苦手な所を改善することこそが学ぶことである」

『成果が出る学習・出ない学習』 第5回のテーマは、「自分の苦手な所を改善することこそが学ぶことである」です。

自分の苦手な部分は、誰も向き合いたくはありません。その上、長所を伸ばす教育や学習が重要であるという意見も多くあります。自分の得意分野を極めていき、そこから枝葉を広げていくのも、将来のキャリアを見据えた一つのプランになるでしょう。

「成果」が、単に試験の結果や点数・スコアのことではないという前提で、学習の質を改善する唯一の方法は、結局のところ、自分の苦手な部分と向き合うことです。

続きを読む

『成果が出る学習・出ない学習』 第4回 「一を聞いて十を知る」ことを可能にする思考力

『成果が出る学習・出ない学習』 第4回のテーマは、「「一を聞いて十を知る」ことを可能にする思考力」です。

学習に費やせる時間は限られています。その中で、しっかりと成果を出せる人と出せない人がいるのも事実です。この両者の違いを一言で言えば、「ものの見方の違い」になります。

同じ知識を得ても、その知識に対する受け取る側のアプローチによって、その解釈は大きく異なります。学校や講義型のインプット形式では、学習する側はどうしても受け身になってしまいます。そして、大抵の場合は、試験など一時的な結果が目的となるので、指示された通りに学習を進めていく方が効率よく感じてしまいます。しかし、それで成果の違いが出るということは、何かを変える必要があります。

続きを読む

『成果が出る学習・出ない学習』 第3回 パターンに当てはめるのではなく、共通のパターンを見つける

『成果が出る学習・出ない学習』 第3回のテーマは、「パターンに当てはめるのではなく、共通のパターンを見つける」です。

要領が良い人は、物事をパターン化して考える傾向にあります。「習うより、慣れよ。」と諺にもあるように、慣れや習慣の力は偉大です。人が咄嗟にとる行動や、無意識にとる行動は、ほとんどがこの習慣化された行動によるものです。そしてパターン化は、ある一定のアウトプットをする場合には非常に効果的です。スポーツや、創作活動などは、パターン化や模倣によって上達していくのが王道です。

しかし、学習の成果は、数あるパターンや方法論を憶えることでは得ることができないものもあります。パターンを憶えることは、アウトプットする際に簡単に達成感を得ることができますが、たとえある一つのパターンを憶えたところで、その一つのパターンが利用できる状況が確実に訪れるとは限りません。

続きを読む

『成果が出る学習・出ない学習』 第2回 「質と量」ではなく、「質と回数とイメージ」

『成果が出る学習・出ない学習』 第2回のテーマは、「「質と量」ではなく、「質と回数とイメージ」」です。

学習に取り組んでいる際にに突き当たる悩みの一つに、「何度やっても覚えられない」「あんなに勉強したのに、結果がでなかった」というものがあります。

学校の勉強や試験勉強などは、限られた範囲の知識をテストするだけなので、勉強時間がそのままテストの短期的な成果に反映されることはよくあります。一方で、同じ成果を短時間で獲得できる人もいます。また、それ以外の学習やスキルの習得・上達については、単に練習時間や学習時間がそのまま成果に反映するとは限りません。つまり、量だけでは解決しない学習があるということになります。

続きを読む

『成果が出る学習・出ない学習』 第1回 「インプットとアウトプットのバランスを調節する」

『成果が出る学習・出ない学習』 第1回のテーマは、「インプットとアウトプットのバランスを調節する」です。

学習は、学ぶことそれ自体が目的ではありません。学習した成果として、テストがあり、その知識を他の場面で使ったり、学習を通して学んだ知識以外の考え方などを他の活動に応用したりと、様々なアウトプットがあります。

続きを読む

『成果が出る学習・出ない学習』(全5回)

『成果が出る学習・出ない学習』(全5回)

学び方を学べ』の記事では、全10回にわたり、学校では教えてくれない基本的な「学び方」について書いていきました。

学生から社会人まで一生続いていく学習ですが、より効果的な「学び方」を学んだところで、それが「成果」につながらないのであれば、学習に意味や価値を見い出すことができないかもしれません。

ここで言う「成果」とは、単に試験の結果や点数・スコアのことではありません。学んだことが自分の知識やスキルとして身につけ、それを使いこなせることができるということです。しっかりとした学習の「成果」が得られれば、数字の結果は自然に後からついてきますし、実力があれば、後から数字をとるハードルは低くなるでしょう。

学校で英語を6年間勉強しても、多くの日本人は英会話ができるわけではありません。資格をゲットしても、仕事が上手く行くとは限りません。

 

では、学習を成果に結びつけるためには、何が必要なのでしょうか。

 

いまだに多くの人は、「記憶力」に関する頭の良さを求める傾向にありますが、どんなに頑張った所で人は忘れることができます。これは、努力が足りないのではなく、脳の作りがそうなっているからなのです。

これを前提として、どのようにすれば記憶力をコントロールし忘れない知識や実力を身につけるか、どのようにすれば知らないことに対しても考えることができるようになるのか、という学習を成果に変えるために必要なことを、全5回にわたりお伝えしていきます。

 

第1回 インプットとアウトプットのバランスを調節する

第2回 「質と量」ではなく、「質と回数とイメージ」

第3回 パターンに当てはめるのではなく、共通のパターンを見つける

第4回 「一を聞いて十を知る」ことが可能にする思考力

第5回 自分の苦手な所を改善することこそが学ぶことである

スポンサードリンク