第10回 「学び」は一生続く

 

これまで、全10回にわたり、『学び方を学ぶ』について、解説してきました。

 

第1回 思考を抽象化する

第2回 目的意識をもつ

第3回  「なぜ?」と問い続ける

第4回 学校の勉強に意味はあるのか

第5回  ノートはとる必要はそもそもない

第6回  言葉を自分のものにする

第7回  経験はあてにならない

第8回  思い込み、先入観、固定観念をなくす

第9回 結果から学び、結果にこだわらない

第10回 「学び」は一生続く

 

学び方を変えるためには、学ぶ主体である本人が、学ぶときだけではなく、日常の生活から意識を変えていくことが必須となります。目や耳から入ってくる情報の受け取り方、それをどのように考え判断するか、それを行動にアウトプットする、という一連の流れの何かを変えなければ、学習の質は向上しません。たとえ優秀な講師や指導者に出会ったところで、学ぶ側にその目的も意志もなければ、努力も無駄になります。

続きを読む